ハリッチ

肌のターンオーバー周期は加齢で長くなる!理想周期28日に戻すには?

肌のターンオーバーという言葉はよく耳にしますね。

このターンオーバーはひとことで言うと新陳代謝のこと。

赤ちゃんは傷もすぐ治りますが、大人になってくると治るのに時間がかかりますよね。

まさにこの「時間がかかる」というのはターンオーバーの周期が加齢とともに遅れてくるのが理由の1つです。

ターンオーバーが遅くなると、角質がたまってくすんだり、薄皮を重ねたようなごわつきが出てきます。

肌のターンオーバー周期を正常化することで、お肌にくすみのないみずみずしい肌を手に入れたいものです。

そのためにするべきことをターンオーバーの仕組みとともに見ていきましょう!

お肌のターンオーバーとは新陳代謝のこと

肌のターンオーバーとは肌の新陳代謝のことで、肌が生まれ変わるサイクルのことです。

転んで怪我をしてしまった時に、かさぶたができて、はがれ落ちて、新しいきれいな皮膚になっていますよね!

つまりこの場合の、傷が治って新しい肌に生まれ変わる、再生のサイクルがターンオーバー。

肌のターンオーバーは基本的に約28日周期といわれています。とはいえ、年齢や肌状況による個人差がとてもあり、周期が28日より遅い人もいれば、早い人もいます。

ターンオーバーが遅い場合
  • 角質が自然とはがれないために肌がくすむ
  • 角質層が厚くなり、たるみやゴワつきがでる
  • 肌がかたくなり、乾燥しやすい
  • 細胞の働きが弱まり、シミやシワがでやすくなる

ターンオーバーが早い場合
  • 未熟な細胞が表に出てくるため、肌のバリア機能がよわまる
  • 水分の保持する力が弱いため、敏感肌や肌荒れになりやすい
  • 肌が過敏なためシミが出やすくなり、赤み、炎症などもおこりやすくなる

ターンオーバーの周期が早くても、遅くても肌へのリスクが高まるので、なるべく正常化することを心がけましょう。

お肌のターンオーバーの仕組み

肌は表皮、真皮、その下の皮下組織という3つの層でつくられています。

そして一番表面の表皮には、細胞をつくる元になる表皮幹細胞があり、この表皮幹細胞がどんどん新しい細胞を生成しています。

加齢とともにこの表皮幹細胞の機能が低下してしまうのがターンオーバー周期の遅れです。

ターンオーバー周期の正常化には表皮幹細胞の活性化が必要なのですね!

お肌のターンオーバー(新陳代謝)の年齢別周期

ターンオーバーは基本的に28日周期ですが、個人のお肌の状況でこの周期は変化します。

28日周期が肌をキレイに保てる周期となり、20代~30代が美しい肌を保ちやすいくなっています。その後、加齢とともに周期が遅れてくるのがふつうです。

では、年齢別のターンオーバー周期を見てみましょう。

10代 約20日
20代 約28日 理想の周期
30代 約40日
40代 約55日
50代 約75日
60代 約90日

年齢を重ねるにつれて長くなっていますね!ちなみにターンオーバー周期はこのようにも言われています。

ターンオーバーの周期 = 年齢 × 1.5~2

わたしたちの肌が新しい肌に生まれ変わるための期間は約1ヶ月〜3ヶ月以上はかかります。

すると、美肌を作るためにどんなによいスキンケアやアンチエイジング美容液を使う場合に効果を実感するためには、最低でも2、3ヶ月以上は継続して、新しい肌に生まれ変わるまで使うほうが良いことがわかります。

定期購入などで、3ヶ月以上という縛りがあるものはこの肌のターンオーバーの周期が理由の1つといえますね!

肌のターンオーバー周期は加齢で長くなる!理想周期28日に戻すには幹細胞美容液が有効

肌のターンオーバーを正常化するために、細胞の活性化をうながすのがヒト幹細胞培養液エキスが配合された化粧品です。

その1つである、ハリッチプレミアムリッチプラスは新しくヒト幹細胞培養液エキスを配合したことにより、新しい細胞生成が促進されハリのある肌になるため、加齢によってターンオーバー周期が遅れた肌にぴったりです!

■ ハリッチリッチプラスの
公式サイトは、こちら

 

【関連記事】
【ハリッチプレミアムリッチプラス】購入前に読むべき口コミ信頼の3つのポイント!美容液のお得な購入方法|効果や選ばれる理由